健康レシピの作り方

鮎めし
  • 調理時間:60 分
  • (一人当たり)
  • カロリー:338kcal
  • たんぱく質:14.4g
  • 脂質:2.8g
  • 炭水化物:60.7g
  • 塩分:1.3g


<2合分>

2合
1~2尾

A

 ・ショウガ(千切り)
1片
 ・塩
小さじ1
青シソ(千切り)
3~4枚
ミョウガ(千切り)
1個
枝豆(茹でて鞘から取り出す)
100g
  • 米は洗ってザルにあげておく。
  • ショウガ、ミョウガ、青シソは各々千切りにする。枝豆は茹でて鞘から取り出す。
  • 炊飯器に米、分量の水を入れた後、Aのショウガと塩を加えて炊く。
  • 鮎に塩をふって、塩焼きする。
  • 炊き上がったごはんに④の鮎、枝豆を加えて蒸らす。
  • 鮎の骨を取り除き、仕上げに青シソ、ミョウガを加えて全体を混ぜ合わせたら出来上がり。

鮎めし

~鮎のどの部分が一番美味かと言えば、はらわたを持った部分である。~これは北大路魯山人の魯山人味道の一文である。鮎は昔から親しまれてきた日本を代表する川魚です。
鮎はきれいな水でしか生息できない魚で、1年しか生きられない。しかも近年、生活排水等の問題で鮎がいなくなってしまった川がたくさんあり、今では少し、貴重な魚になってしまいました。鮎は資源保護のため、禁漁とされている時期があり、禁猟明けの6月から8月頃までが旬となります。
鮎の豊かな香りをご飯に炊きこめて、旬の醍醐味を味わいましょう。

CONTENTS

|健康レシピ|
健康レシピ一覧
all today yes