健康レシピの作り方

シイタケのはさみ揚げ
  • 調理時間:30 分
  • (一人当たり)
  • カロリー:302kcal
  • たんぱく質:21.0g
  • 脂質:16.1g
  • 塩分:3.4g


<2人分>

生シイタケ
8枚
ムキエビ
150g
白はんぺん
1/2枚
長いも
50g
小さじ1
青シソ
4枚
片栗粉
適量
揚げ油
適量
  • 生シイタケは軸を切る。
  • 白はんぺん、長いも、塩をフードプロセッサーにいれて撹拌し、8割程度ペースト状になったら、ムキエビを加え、ムキエビは形が残るくらいで止める。
  • 生シイタケの内側に片栗粉をかるくまぶし、②を詰める。このとき、まん中に青シソをはさむ。
  • 表面に片栗粉をまぶし、油で揚げる。

シイタケのはさみ揚げ

近年、子どもの骨折が増加しています。これは成長期、骨の成長に対し、骨密度や骨強度が追い付かないためです。骨は吸収と形成を繰り返し、ほぼ20歳までに最も多い骨量となります。
骨折の原因として、思春期のやせ願望や食事の質低下などがあげられますが、このような子どもたちが時を経て、高齢者になったとき、骨粗しょう症になる恐れがあります。骨粗しょう症の予防のため、成長期の骨量を増加させることは大切です。
今回のレシピは、骨を作る材料となるカルシウム、たんぱく質、ビタミンDを上手く組み合わせた内容です。キノコ類に含まれるビタミンDは、紫外線によって皮膚でも作られるので、太陽の光に当たることも重要。活動しやすいこの時期は外遊びを積極的に行いましょう。

CONTENTS

|健康レシピ|
健康レシピ一覧
all today yes