健康レシピの作り方

冷やし祭りうどん
  • 調理時間:40 分
  • (一人当たり)
  • カロリー:589kcal
  • たんぱく質:16.4g
  • 脂質:15.2g
  • 塩分:6.6g


<4人分>

うどん(乾)
300g
A (※市販のめんつゆで代用できます。)
・だし汁
500ml
・醤油
100cc
・みりん
100cc
かまぼこ
50g
干し椎茸の煮物
3~4枚分
錦糸卵
60g
オクラ
4本
お好みの天ぷら
(今回は桜エビのかき揚げ、レンコン、カボチャ、ナス、
アスパラガス)
お好みで
青シソ
4枚
青ネギ
5~6本
ミョウガ
2つ
大根おろし
適量
  • <具の準備をする。>
    ① もどした干し椎茸はみりんと醤油(分量外)で煮て、細切りにする。
    ② オクラはサッとゆでて小口切りにする。
    ③ 錦糸卵をつくる。
    ④ かまぼこは食べやすく細切りにする。
    ⑤ お好みでかき揚げを準備する。(市販のものでもOK)
    ⑥ 青ネギを小口に切る
    ⑦ 大根おろしをつくる。
    ⑧ ミョウガを細切りにして、一度水にさらしておく。
  • <めんつゆをつくる。>
    鍋にAの分量の出し汁、醤油、みりんを入れて一度煮立てたら火を消し、荒熱をとって冷蔵庫で冷やす。(市販のめんつゆでもOK)
  • 鍋にたっぷりの水をいれて沸かし、うどんを茹でる。
  • 茹で上がったら、しっかりもみ洗いをしてから水を切る。
  • 器にうどん、具を盛り付け、食べる直前にめんつゆをかける。

冷やし祭りうどん

7月7日は七夕の節句。五節句のひとつに当たります。
行事食はそうめんで、諸説はいろいろありますが、そうめんを天の川や織姫の織り糸に見立てています。冷たい麺料理は、梅雨入りして気温の変化に体調が優れないときや、暑さで食欲が減退したときも手が伸びる強い味方となります。
ただし、麺だけで食べてしまっては多少、栄養バランスに偏りが出てしまいます。主菜になり得る具や薬味となる野菜もたっぷり添えて、栄養満点の1杯に仕上げましょう。今回は、そうめんをうどんに変えた一品です。お試しください。

CONTENTS

|健康レシピ|
健康レシピ一覧
all today yes