健康レシピの作り方

タケノコの木の芽みそ和え
  • 調理時間:40 分
  • (一人当たり)
  • カロリー:40kcal
  • たんぱく質:2.7g
  • 脂質:0.3g
  • 塩分:1.2g


<4人分>

タケノコ
200g
だし汁
150cc
みりん
小さじ1
薄口醤油
小さじ1
少々

木の芽みそ

・山椒の葉
10枚位
・白みそ
30g
・料理酒
小さじ1
・みりん
小さじ1
・薄口醤油
適宜
  • アク抜きしたタケノコは、だし汁、みりん、薄口醤油、塩で薄味に煮ておく。
  • ①のタケノコを食べやすい大きさに切る。
  • 木の芽味噌をつくる。
    1. 山椒の葉はサッと洗い、包丁でザクザク切った後、すり鉢で丁寧にする。
    2. 小鍋に、だし汁、白みそ、酒、みりん、すった山椒の葉を合わせて、練り上げる。
    3. 仕上げに醤油を加える(味噌の塩分によって調節する)。
  • タケノコを木の芽味噌で和える。

タケノコの木の芽みそ和え

木の芽とは、山椒の若芽のことを指していて、和ハーブとして広く用いられています。桜の咲くころ、パッと芽吹く山椒の葉は、和え物や煮物、吸い物、ちらし寿司といった料理の仕上げに1~2枚添えるだけで香りも彩りもよく、料理がセンスアップします。
山椒には、サンショオールやシトロネラールなどの精油成分が含まれています。サンショオールは内臓のはたらきを活発にし、消化不良を改善するなどの機能があります。
新年度が始まり慌ただしい環境でも、フッとよい香りがするだけで、その一瞬でも癒される感じがします。香り成分は気のめぐりを良くしますので、ストレスの溜まりやすい春におすすめ。

CONTENTS

|健康レシピ|
健康レシピ一覧
all today yes