健康レシピの作り方

真鯛の香草グリル
トマトソースを添えて
  • 調理時間:30 分
  • (一人当たり)
  • カロリー:245kcal
  • たんぱく質:22.8g
  • 脂質:11.6g
  • 塩分:2.2g


<4人分>

鯛(切身)
4切
パン粉
1/4カップ
ローズマリー
1枝
パセリ
少々
塩、コショウ
少々

【トマトバジルソース】

・トマト
3~4個
・バジルの葉
5~10枚
・オリーブオイル
大さじ1
・塩、コショウ
各少々
  • トマトは湯むきで皮を取り除いた後、ざく切りにする。バジルの葉も大きければ半分に切る。
    ローズマリーは硬い枝を取り除き、2~3cm長さに切る。
  • みじん切りにしたパセリとパン粉、塩、コショウを合わせ、香草パン粉をつくる。
  • 鯛は表面のぬめりを取り、塩、コショウを両面にふり、②の香草パン粉を両面にまんべんなくつける。
  • フライパンに油を入れて熱し、鯛を並べ入れ、表面にローズマリーをのせて一緒に焼く。
    焼き色がついたら裏返し、中まで火が通ったらお皿に盛る。
  • ④のフライパンをペーパータオルでサッと拭いて、トマトをいれて中火にかける。トロッとソース状になったら塩、コショウで味をととのえ、仕上げにオリーブオイルとバジルを加えてさっと温め、鯛にかける。

真鯛の香草グリル トマトソースを添えて

春の真鯛は産卵を控え、桜の咲き始めるころに身体がピンク色に染まることから「桜鯛」や「花見鯛」と呼ばれ、極上品として扱われています。「桜」も「鯛」も日本人にとっては、とても縁起のよい言葉で見た目も華やか。御祝いの席にぴったりで人気があります。
この時期、産卵前の鯛は旬のそのもので、栄養素をたっぷり溜めこんでいます。栄養素には、たんぱく質、ビタミンB1が豊富で、その他にもタウリン、ナイアシン、DHA、EPAなどが含まれ、優秀食材。ビタミンB1は糖質の代謝を促し、疲労回復に有効です。さらに、バジルの香り成分には、鎮静作用があり、神経を鎮めて精神的な疲労を和らげる作用がありますので、心の不調を起こしやすい春先にW効果でオススメです。

CONTENTS

|健康レシピ|
健康レシピ一覧
all today yes