健康レシピの作り方

秋鮭のグリルと秋野菜
ビーツ入りクリームソースがけ
  • 調理時間:30 分
  • (一人当たり)
  • カロリー:303kcal
  • たんぱく質:22.5g
  • 脂質:9.6g
  • 塩分:2.1g


<4人分>

生鮭
4切れ
クリームソース
・牛乳
200ml くらい
・バター
20g
・小麦粉
大さじ1
・塩、コショウ
少々
・ビーツ
50g

A

・キャベツ
2枚
・レンコン
80g
・じゃがいも
150~200g
・栗
4粒
・たまねぎ
1/2個
・カボチャ
80g
クレソン
お好みで
  • 生鮭切り身の両面に塩コショウをふり、色よく焼く。
  • Aの野菜は食べやすい大きさに切り、各々塩ゆでする。(蒸してもよい)
  • <ビーツ入りクリームソースを作る>
    ビーツはサッと下ゆでした後、イチョウ切りにして、再度やわらかく塩ゆでしておく。
    フライパンにバターを熱し小麦粉を加えて炒め、牛乳を加えて混ぜる。とろみがついたら塩コショウで味をととのえ、ビーツを加えて全体を合わせておく。
  • 焼いた鮭と②の野菜を器に盛り、③のビーツ入りクリームソースをかけ、クレソンを飾る。

秋鮭のグリルと秋野菜
ビーツ入りクリームソースがけ

秋に出回る「秋鮭」は脂の乗りがよく、味も良いといわれています。
身がピンク色なので、赤身魚と思われがちですが、実は白身魚。あの赤い色素は、エサとして食べたエビのカロテノイドの一種で、注目成分のアスタキサンチンです。アスタキサンチンには強い抗酸化作用があり、がん予防に期待されています。不飽和脂肪酸のDHAやEPAも多く含み、脳細胞を活性化し、動脈硬化や血栓の予防にも役立ちます。
さらに、鮭に含まれるビタミンDには、カルシウムの吸収を促進させるはたらきがあり、今回のクリームソースのように、牛乳と組み合わせると、吸収率がアップ!成長期の子どもから、生活習慣病予防の成人期など、どの年代にも食べてほしい秋の優秀食材です。

CONTENTS

|健康レシピ|
健康レシピ一覧
all today yes