合格者インタビュー

昔から大好きだった調理
今は「食アド®」として食の楽しさを伝えたい


佐藤一美さとうかずみさん

 国鉄勤務時代から調理が好きで、現在、調理師こそ取得しませんでしたが、今や「食アド®」として忙しく駆け回る日々を過ごしています。
 主な活動はやはり「食育」の推進に関わることがメイン。例を挙げますと、地元の福祉協議会が主催する独居老人の方を対象としたお食事会のプロデュースをはじめ、青少年に食生活の大切さを説くなど、講演の依頼も最近増えてきました。
 食生活アドバイザー®というからには、正しい情報をお伝えしたいという義務感にかられながら、勉強に励む毎日です。でもまったく苦にならないというのはやはり「好き」だからなんでしょうね。

CONTENTS

|合格者インタビュー|
江口仁美さん
佐藤一美さん
all today yes