合格者インタビュー

療養食にも「食べる楽しさ」があってほしい
食アド®で得た知識を社会活動にも役立てたい


江口仁美えぐちひとみさん

 母が高血圧を患い、治療をするもなかなか改善が見られなかったため、もっと根本的な生活習慣から見直していこうと考えていた時に出会ったのが「食アド®検定」でした。
 高血圧の基本は“減塩”ですが、ただ我慢を強いるだけでは患者のストレスとなり、効果は望めないのではないかと考え、もっと療養食でも楽しめる工夫をしてみたのです。その甲斐あってか、おかげ様で母は少しずつ改善 にむかっています。
 現在は主婦の目を活かして、食品表示の適正化を図るための社会活動などにも参加しています。知識をむだにせず、単なる「物知り」で終わらせない活動を目指します。

CONTENTS

|合格者インタビュー|
江口仁美さん
佐藤一美さん
all today yes