食生活マメ知識

2020年11月号

11月の第3木曜日??

「11月の第3木曜日」と聞いて、すぐに答えられる人はなかなかの通です!

 この日は、毎年「ボジョレ・ヌーボー」の「解禁日」なのです。
 「ボジョレ」とは、フランスのブルゴーニュ地方の南端に位置する「ボジョレ地域」のことで、「ヌーボー」はフランス語で「新しい」を意味します。

 すなわち、「ボジョレ・ヌーボー」⇒「フランスのボジョレ産の新作赤ワイン」ということになります。

 ボジョレ地域は、ワインの産地の中でも特に歴史が古く、世界的に有名なワイン産地の一つとして知られていますが、なぜ「解禁日」をつくったのでしょう?

 世界的にも有名な赤ワインを各メーカーが放って置くわけがありません。
 誰よりも早く出荷しようと競争となり、その結果、粗悪なワインが出回ってしまった時期があったようです。
 そこで、フランスでは、国の名誉にかけても粗悪なワインが出回るような、出荷競争が起こらないように1984年、フランス政府によって「出荷解禁日」が設けられたということです。

 実はこの解禁日、1984年は「11月15日」でしたが、この日が土曜日や日曜日という休日にあたると、ワインを運ぶ運搬会社もお休みになってしまうことから、翌年の1985年に「11月の第3木曜日」へと改定されました。

 ちなみに、フランス政府が最初に制定した「出荷解禁日」の1984年11月15日は「11月の第3木曜日」でした。

 ということで、「11月の第3木曜日」は、最初から「ボジョレ・ヌーボーの解禁日」だったということになりますね!!

all today yes