食生活マメ知識

2020年9月号

「September」は7月なの??

 日本では、9月を別名「長月(ながつき)」ともいいますが、長月の由来は、長い月夜「夜長月(よながつき)」からきているという説が有力です。

 そして、夜長月といえば「中秋の名月」の十五夜ですよね。
「すすき」や「月見団子」などを飾りながら、月を眺めるという、とても風情ある行事が日本にはあります。

 その反面、9月は残暑であったり、台風が発生しやすかったり、夏と秋の境目の季節であることから、服装などについても「難しい時期」といえるでしょう。

 「難しい時期」といえば、英語の月名は『September』ですが、ラテン語では「第7の」を意味する「Septem」、すなわち英語の「Seven」=「7」ですから、「9月なのに7なの?」という、月と番号がずれていることに疑問が生じます??

 実はこれ、紀元前46年まで使われていたローマ歴では、「3月が起算月」になっていたことから、3月から数えて7番目が9月、そしてラテン語の「第7」が英語の「Seven」に変化したことから、月と番号にずれが生じてしまいました。

 疑問が解けて「スッキリ」しましたね~!

 ということで、これからが秋本番!
「ココロとカラダ」を「スッキリ」させて、秋の味覚やイベントを楽しみましょう!!

all today yes