食生活マメ知識

2019年2月号

「白菜」は切ってからも成長する?

これからの季節、「白菜」の旬が続きますが、日本には、大正時代から昭和初期にかけて一般に広まっていった野菜です。
 その昔から、あると思われがちですが、意外と新しい野菜なのですね。

ということで、「お鍋によし! 漬物によし!」の白菜ですが、今の季節は何といっても鍋の具材として大活躍です。煮ると「クタ」っととろけ、絶妙な甘みが際立ち、どんな食材とも愛称がいい、ある意味オールマイティな食材といえるでしょう。

 そんな重宝な食材である白菜ですが、冷蔵庫の片隅で、カピカピに乾上った状態になってしまい、そのままゴミ箱に直行!という経験をしたことがある人も多いのでは?

白菜は立てて(白菜のお尻を下)保存するほうが日持ちしますが、お尻の部分には濡れたキッチンペーパーを敷き、水分が放出しないように乾いた新聞紙などで包んで暗所で保存、そして新聞紙が湿ってきたら取り替えることもお忘れなく。

 また、購入時の白菜の見分け方としては、緑の外葉はついたままの、葉がシャキッとしたもので、葉の巻きがしっかりとした、ズッシリと重い、弾力性があるものを選びましょう。このとき、葉は白いものでなく、黄色っぽいものがおススメです。

 最後になりましたが、半分に切ったものや、1/4のサイズで売られている白菜の場合は、出来るだけ切った断面が平らなものを選びましょう。
 なぜなら、白菜は切ったあとも成長を続けるため、時間とともに断面が膨らんできます。
したがって、切った断面が平らなもののほうが、新鮮であるといえます。

 この豆知識を持った皆さんは、「鍋奉行」とともに「白菜博士」にもなれるかもよ??


CONTENTS

|食生活マメ知識|
更新月順一覧
カテゴリー別一覧
all today yes