食生活マメ知識

2018年3月号

なぜ「大根役者」っていうの?

 私たちにとって、とても身近な食材に「大根」がありますが、その俗語のひとつに、演技の下手な役者のことを「大根役者」といいますが、果たして「大根」にはどんな意味があるのでしょう?

 ダイコンは、様ざまな料理に使われますが、このダイコンが原因で食中毒を引き起こしたという、話しを聞いたことがありません。
 従いまして、ダイコンを食べても「食中毒にならない」=「食あたりしない」ことから、舞台に立っても「あたらない」=「人気がでない役者」にかけた言葉が使われるようになりました。
また、ダイコンは白いことから「素人(しろうと)」にもじったともいわれています。

 しかしダイコンには、「大根おろしに医者いらず」という言葉もあり、ダイコンは、カラダにとっていろいろな効用をもたらせてくれるため、大根おろしを食べていれば医者にかかることなく、健康に暮らせるというのです。

 ということで、ダイコンは「大根役者」ではなく、「千両役者」といえる、オールマイティな逸品であるという結論に達したのでした!!(笑)


CONTENTS

|食生活マメ知識|
更新月順一覧
カテゴリー別一覧
all today yes