食生活マメ知識

2017年1月号

「お奉行様」の季節がやって来た!?

 ついにやって来た「冬」!!
この季節になるとカラダもココロもホッとする温かい鍋が食べたくなりますよね。
何といっても、家族や友達などが、みんなでワイワイ言いながら食卓を囲むのに、もっとも適した料理の一つといっても過言ではないでしょう。

 しかしこの鍋料理の際には、必ずいるといってもよいのが「鍋奉行」!!ですが、皆さんの中にはこの鍋奉行に出会ったことがない人もいるかも知れませんので、ここで簡単にご説明しておきます。

「鍋奉行」とは、鍋料理を作る際、料理に使う材料からその材料の切り方まで、頼んでもいないのに何でも仕切りたがる人のことです。
 具体的には、「鍋の具材を入れる順番や具材を置く場所」「鍋の火加減」などに口出しをする人のことです。

 なぜ「奉行」かというと、時代劇で権力を振るう役回りである「奉行」をもじった言葉で、チョッと困った存在であるという意味が込められているようです。

 もちろん、鍋料理が美味しくなるための「お奉行様」ですから、鍋の席には必要な場合もあります。
「しかし大抵の場合は………」という場合が多いのでは?

 ということで、鍋料理には、このような特徴をもつ言葉がありますが、もっと面白い鍋言葉がありますので、新年にご紹介させていただきます。

 皆様におかれましては、すばらしい「行く年、来る年」となりますことを心より祈願いたしまして、また来年お逢いいたしましょう!!


CONTENTS

|食生活マメ知識|
更新月順一覧
カテゴリー別一覧
all today yes