食生活マメ知識

2016年12月号

「蟹味噌」って「蟹の脳みそ」じゃないの?

 蟹好きには待ち遠しい季節がやってきました!?
 と、何となく蟹の旬は「冬」だと思っている人、多いと思いますが、日本では蟹の種類も多く、また日本海や太平洋、オホーツク海というように、漁獲海域や蟹の種類などによって一年中、楽しむことができます。

 ところで「蟹味噌」は「蟹の脳みそ」だと思っていませんか?!
 通称「蟹味噌」ですが、実は「脳みそ」ではなく、「内臓(肝臓と膵臓)」なのです。
蟹は頭の中に内臓があり、肝臓と膵臓が一緒になっていますが、見た目が「脳みそ」に見えることと、頭の中にあることから、「蟹味噌」と呼んでいます。

そして「蟹味噌」のなかでも一番美味しいといわれているのが「毛ガニ」です。
毛ガニの旬の時季は一般的に「冬」ですが、北海道産でも漁獲される場所によって旬が異なっているようです。
しかし共通していることがあります。北海道産として漁獲が許可されている毛ガニは、甲長(甲羅の長さ)8cm以上の「オス」のみで、「メス」はいないということです。

  かつては大量に漁獲されていましたが、今ではその10分の1程度まで減ってしまったことで、甲長の小さいものや、メスについては、将来に向けての資源保護という視点から規制がとても厳しくなりました。

  そんな希少価値の高い「毛ガニ」の「味噌」をお酒(熱燗)のお供に、「ちびチビ」食べるのが、何ともたまりませんなぁ~!!


CONTENTS

|食生活マメ知識|
更新月順一覧
カテゴリー別一覧
all today yes