食生活マメ知識

2016年10月号

「赤」と「青」の種類を持つ果物ってな~んだ?
 日本では「赤」は「豊水」や「幸水」などが有名で、「青」の代表格には「二十世紀」があります。といえば何だかお解かりですか?

 答えは「梨」です!!

 日本の梨には「赤梨」といわれる果皮が茶色ものと、「青梨」といわれる果皮が緑色のものがあり、どちらもこれからの季節、爽やかな甘みとシャキシャキとした食感が楽しめる果物です。

 シャキシャキとした食感の正体は、「ペントザン」や「リグニン」といった成分からできた細胞によるもので、赤梨の場合は熟成すると果皮にザラザラした斑点が目立つようになり、この斑点が梨の水分を閉じ込める役割を持ち、青梨は熟すと黄色くなって甘みが増していきます。

 梨は、日本で栽培されている果物の中でも歴史がとても古く、弥生時代にはすでに食べられていたそうで、日本書記には栽培についての記述が残っているという、とても「由緒正しい?」果物なのです。
 時代とともに品種も増えて、現在のような甘みの強い梨は、明治時代以降に発見されたり、品種改良によって作られました。

 爽やかな甘みと、あのシャキシャキ感は「梨」にしか味わうことのできない逸品であることはもちろん、私の周りで「梨嫌い」という人を知りません!
 というより、「嫌いな人は無し(梨)よ!!」といったほうがよいでしょう?!


CONTENTS

|食生活マメ知識|
更新月順一覧
カテゴリー別一覧
all today yes