食生活マメ知識

2016年4月号

日本の「国花」は「サクラ」なの?
 いよいよ芽吹きの春がやってきます!
 これからの季節は何をやるにも良い季節です!
 厚着をしてモコモコしていたカラダも、春の日差しを浴びてココロとともに大きな伸びをしたくなる季節が到来しました。

 『国民にもっとも愛好され、その国に象徴される花』が「国花」ですが、この条件にピッタリ適合しているのが、日本の春を象徴する「サクラ」ですから、文句なしの「国花」といえるでしょう! と思う人が多いはず?

  そこでチョッと待った!
パスポートの紋章や皇室の象徴は「菊」なのだから、日本の正式な「国花」はやっぱり「菊」なのでは?!
 いったいどちらが「国花」なの??という疑問が出てくるのは当然。

答えは『どちらの花も「国花」』です。
実は日本において公式に定めている「国の花」=「国花」はなく、世界の国々でも法的に公式性のある「国花」をもたない国が多いようです。
とはいうものの、広辞苑によりますと「国花」については「桜」「菊」とあります。

日本は四季折々にすばらしい「花」が咲く美しい国です。そして2つの「国花」があることにも誇りをもてるのではないでしょうか!!


CONTENTS

|食生活マメ知識|
更新月順一覧
カテゴリー別一覧
all today yes