食生活マメ知識

2015年7月号

七夕(たなばた)と文月(ふみづき)の関係とは?
 七夕(7月7日)は、「五節句」の一つですが、これは中国の古い伝説なのですが、日本でも織姫と彦星の恋物語として定着しています。

 皆さんもご存じのように、機織り(はたおり)の上手な織姫と、働き者の牛飼い彦星は、結婚したのですが、結婚するや遊んでばかりいることから、天の神様が怒って二人を天の川の両側に引き離してしまいました。
そして「織姫=琴座のベガ」と「彦星=わし座のアルタイル」が、年に一度の7月7日の夜にだけ逢うことを許された、という物語ですよね。

 日本では奈良時代に貴族の女性の間では織姫にあやかり、裁縫の上達を願うお祭りとして広まりましたが、笹竹(ささだけ)に五色の色紙や短冊(たんざく)に文字を書いて飾る行事は、江戸時代の寺子屋が子供たちの読み書きの上達を七夕さまに祈る風習が、庶民に一般化していったようです。

 そして短冊に歌や文字を書いて、読み書きの上達を祈った「七夕」の行事にちなみ、7月は「文月」に転じたといわれています。


CONTENTS

|食生活マメ知識|
更新月順一覧
カテゴリー別一覧
all today yes