食生活マメ知識

2012年9月号

「戻りカツオ」で「健康を勝ちとれる」ってホント?
春から夏にかけて黒潮に乗って日本近海を北上したのち、秋になって東北・北海道沖から南下してくるのがカツオ(鰹)です。

カツオの美味しい季節は春と秋の年2回あり、特に秋が旬のカツオを「戻りカツオ」と呼んでいます。春の爽やかでサッパリとした味わいの「初カツオ」とは異なり、エサをたっぷりと食べて魚体が一段と大きく、しっかりとした脂がのっていることから「トロカツオ」とも呼ばれています。

カツオに含まれる栄養素は、たんぱく質、カルシウム、亜鉛、鉄分、脂質、各種ビタミンなどで、「初カツオ」よりも「戻りカツオ」の方が、脂質、エネルギー、ビタミンAの値が高いことも特徴です。

一般的に男性は「青背の魚」、女性は「白身魚」を好むという傾向にあるようですが、カツオに関していうと、『ビタミンD(カルシウムの吸収を補助)、血合いの部分(鉄分補給)、皮の下にはEPA(血液をサラサラに)』が多く含まれているため、「骨粗しょう症」や「貧血予防」に効果が期待できるという女性にとても嬉しい食材なのです!!

「カツオ」=「健康を勝ちとる魚」ということで「勝魚」という当て字によって縁起担ぎをしてみてはいかがでしょう??


CONTENTS

|食生活マメ知識|
更新月順一覧
カテゴリー別一覧
all today yes