食生活マメ知識

2011年2月号

「草かんむり」に「母」でなぜ「苺イチゴ」なの?
いよいよ、「イチゴ」のシーズンが到来します。「イチゴ」は、英語で「ストロベリー」という、とてもキュートな名前が付けられていますね。この名前の由来は、イチゴの栽培法が苗の周りにワラを敷くことから「Straw(ワラ)berry(丸く膨らんだ実)」と呼ばれるようになったようです。
 ところで、この「ストロベリー」を日本語の漢字に当てると、なぜ「草かんむり」に「母」と書いて「苺」となるのでしょう?
 それは、一つの株に次つぎとたくさんの実を付けるところから、どんどん子株を生み出すという意味で、「おかあさん」すなわち「母」の文字を使ったということです。
 言われてみれば「なるほど!」ですね。
 イチゴはこれからが旬の季節!甘酸っぱい気持ちいっぱいで「イチゴ狩り」にお出かけしてみてはいかがでしょう!!


CONTENTS

|食生活マメ知識|
更新月順一覧
カテゴリー別一覧
all today yes